子どもは宝

私が指導者を始めた25年前、立九の小学4年生はみんなトーキックでシュート練習をしていました。

ドリブルは利き足で前進するだけ、横や後ろという選択肢はありませんでした。

そう思うと、今の幼児スクールの子どもたちはとても上手です。

インステップで蹴れるし、ドリブルも右へ左へ進みます。

これは日本にサッカーが根付いてきた証拠かもしれません。

サッカー人としてとても嬉しいことです。

色々なチームが様々なやり方で、サッカーというスポーツを追い求めることで、素晴らしい選手が輩出されると思います。

正解はありません。
近道もありません。

コツコツ積み重ねることができれば、将来それは役に立ちます。

子どもたちに一番伝えたいことのひとつです。

コメント


認証コード3862

コメントは管理者の承認後に表示されます。

子どもは宝