なぜ待てないかというと、結果は名誉であり付加価値があるように見えるから

理想はバルサのように華麗なパスサッカーができるように、こんなことを考えて日々子どもたちの指導に当たっている方も多いのではないでしょうか?

文章で書けば、たったこれだけのことでも、実戦するには数年以上の練習が必要です。

そして例えばそれを練習したとしても、バルサのようにはならないかもしれません。

しかしそれがバルサのようにならなくても、それまでの過程が大切だと思います。

すぐに結果を求めてしまうこと、それは成果もそうですし、勝ち負けもそうです。

子どもたちの成長を見守り、焦らないで上手になるサマを楽しめるような余裕が必要かもしれません。

余裕というと語弊があるかもしれませんが、そこは身近な大人の器量が求められるところだと思います。

子どもたちの成長するタイミングはまちまちです。

そのことを頭に入れて考えると、自ずと答えが導けるかもしれません。

よって良い指導者に出逢えれば、子どもたちはグングン伸びていくということが言えるのだと思います。

コメント


認証コード6981

コメントは管理者の承認後に表示されます。

なぜ待てないかというと、結果は名誉であり付加価値があるように見えるから