奥が深い

高校時代の授業を思い出すと、楽しかった記憶がありません。

先生は生徒たちに内容を理解させるために、ひたすら板書して、それを生徒たちは書き写していました。

それに比べて小学校や中学校の授業は、楽しかった思い出がたくさんあります。

道徳の授業では、急に「校庭で一時間遊んでいいよ」と言われたことがありました。

化学の授業では先生の新婚旅行の話で、エジプトに行ったことを散々聞かされ、その日到頭化学の授業は行われませんでした。

二月下旬の数学では第三章があと数十ページ残っていたのですが「ここからは家で読んでおくこと」と言われ、三月は全て授業をやらず自由時間を与えられました。

授業をやらない先生がいたのではなく、ユーモラスな先生に惹かれたということを伝えたいのです。

その分野では知らないことがないほど頭の良い先生でも、勉強の教え方がめっちゃ上手な先生でも、ユーモアが無ければ子どもたちを惹きつけることはできません。

サッカーで言えば、コーチが、サッカーがいくら上手でも、練習メニューをたくさん知っていても、子どもたちは付いてきてくれません。

子どもたちと、いかに一緒に遊べるかどうか、一緒に楽しめるかどうか、こんなことが大切なのかなと思っています。

コメント


認証コード2224

コメントは管理者の承認後に表示されます。

奥が深い