こんな時だからこそ

ボトムアップ理論

選手の自立を促してチームを組織化するやり方です。

やはり重要なのは指導者の考え方になります。

「ああせい」「こうせい」と自分の主張を押し付ける指導者は、いまだに少なくありません。

そしてその反対の考えは「放任」「丸投げ」になります。

そのどちらも良いとは言えません。

トップボトムアップとは、トップダウンにより選手たちに促し、あとは観守るという考え方です。

その促しもある程度までしか言いません。
ある程度とは、サッカーで例えると基礎の基礎です。

見る≠観る

選手たちのことを観察しなければなりません。

それを実践するためには、その空気感も必要になります。

こういう時代だからこそ指導者が学ばなければ、取り残されてしまう気がします。

コメント


認証コード9089

コメントは管理者の承認後に表示されます。

こんな時だからこそ