公文式

少年サッカーの世界には色々な指導者が携わっている。日本で主流なのがライセンスを持ってる若いコーチ、元プロ選手、そして何より一番多いのがいわゆるお父さんコーチである。自分の子供がOBになってからもチームに残る方がいらっしゃるくらいだ。それが日本の底辺を支える中で大切なπを担っている。
しかしヨーロッパのジュニアサッカーはどうなのかと言うと、指導年齢が低くければ低いほどベテランのコーチが教える仕組みになっている。それは若いのがダメな訳では無く、お父さんコーチがダメな訳でも無い。
ベテランのコーチが知っているチャレンジの仕方とメンタル面を熟知されていると同時に、それを子供たちに伝える方法を知っているからだと思う。

コメント


認証コード4081

コメントは管理者の承認後に表示されます。

公文式