日々

来る日も来る日も、芽の出ない鉢を見守っています。

水がすきで水がきらい。

この言葉は江南の松本先生から教えていただきました。

植物は、水をあげすぎても育たないし、あげなすぎても枯れてしまう。

サッカーも同じだと…

たくさん教えればいい、たくさんやればいいということではない。

もちろん、やらなければうまくならないのですが、その加減が大事という比喩。

3年生の中に、一輪の花が咲き始めた選手を見つけました。

指導者として一番嬉しい瞬間でした。

コメント


認証コード1004

コメントは管理者の承認後に表示されます。

日々