頭の片隅にいつもいる

会社では辞令が出て、部署や勤務地の異動が発表される時期になりました。

立川九小SCの学年担当コーチも、この時期に決定しますが、今年はとても悩みました。

もちろん選手のことを第一優先に考えるのですが、そこには色々なことが関係してくるからです。

コーチが担当学年を長く続けるメリットはありますが、その反面デメリットもあります。

それらのことを踏まえた上で、選手とともに我々コーチも成長していく中で、より一層、チームは強固なものになると考えます。

ものづくりであれば、毎年同じやり方で同じものが完成します。

子どもたちに携わるには、毎年同じやり方とはいきません。

ここに、本当の指導者のやりがいがあるのかもしれません。

コメント


認証コード3041

コメントは管理者の承認後に表示されます。

頭の片隅にいつもいる