日々

誰しも弱い部分や苦手なこと、短所がある。

その弱い自分を、見せたくない人がほとんどではないでしょうか?

それを隠すのがいいか
それを認めるのがいいか

若い頃は全て隠した。

自分が強い人間かのように、上っ面を凶暴な言動や行動にして威圧した。

相手に見透かされたくなかった。

それがカッコいいとも思っていた。

それが今は最高にダサいと思える。

本当に強い人間は、そんな素振りすら見せない。

むしろ静観しながら、冷静に全てのことを受け入れることができるからだ。

もちろんそれには経験や勉強が欠かせない。

経験のない人は、ずっと強がる。

理由は一つしかない。

自分に自信がないからだ。

自信は一日や二日で付けられるものではない。

今までやってきたことや高い壁を乗り越えた時、自分にしか感じれないものがある。

今ある自分の姿に嘘はつけない。

それは自分が一番よく分かっている。

その場でジタバタしても何の意味もないということだ。

ありのままの自分で勝負できるように、もっと色々なことにチャレンジしたい。

コメント


認証コード0771

コメントは管理者の承認後に表示されます。

日々