1に勉強 2に読書 34がなくて 5は研究

人は、歳をとればとるほど後退していく。

20歳以降は衰退の一途を辿るということだ。

では、どうしたら前進できるのか。

それには勉強しかない。

勉強をしないと古めかしい過去の栄光を語り、あたかもそれが正解かのようなモノの言い方しかできなくなる。

勉強をすれば色々な情報が入ってくる。

有意義な情報はお金にもなる。

Tリーグ

苦戦が強いられているが、そこで何を得ることができるのか。

負けたことは恥ずかしいことではない。

負けて次は勝てるように、もしくは次に勝てなくてもその次は勝てるようにと、学び考え続けなければ一生あのまま負け組で終わる。

それはTリーグだけではない。

試合は負けて学ぶべき事が明白になる。

しかし負けて学ばないと、成長は望めない。

負けたら悔しい想いを心にずっと秘めて練習ができる。

それを開き直ってしまえば、せっかく悔しい想いを経験しても、その場限りで意味がない。

その練習で厳しい経験をすれば、試合では勝てる確率が上がる。

練習で笑いながらやっていれば、試合では泣くことになる。

どこかで人間は必ず、キツく厳しい経験をしなければならない。

それから目を背ける人生では、勝負の一歩など踏み込むことなどできるわけがない。

強豪と言われているチームは、必ずと言っていいほど練習の強度が高い。

笑いながらやっていれば、笑える結果しか生まれないことは覚えておいた方がいいだろう。

コメント


認証コード6253

コメントは管理者の承認後に表示されます。

1に勉強 2に読書 34がなくて 5は研究