おばあちゃんの知恵袋

やればできる子とはよく言ったもので、たいていの子供は何か言われるまで動かない。そして言われてもやらない。もっと言うと出来ない。
こんなことが日常茶飯事の毎日かと思うが、その気になれば何だってできる。
いわゆるその気とは極限まで追い込まれたその時に発揮するもので、通常の生活において出るパワーではない。
では、はたしてどうやったら言われなくてもできる子、やればできる子になるのか?それは極々簡単なことでその子の特徴を生かすこと。もっと簡単に言えば好きなことをやらせると言うやり方だ。その中でもどうしてもやらなければならない事が出てくる訳だが、その前に約束として、必ず好きな事をやらせてあげる代わりに極めて少量のやらなければいけない事をさせる。その結果自分の好きな事と、ちょっとの嫌なことが達成できる。これを積み重ねることにより、小さなことからコツコツと、となる。
大概の人は一気にやらせようと大変な量の課題を投げてしまい、言ってる方もやらされる方も、身も蓋もない状態になることが多い。

コメント


認証コード2865

コメントは管理者の承認後に表示されます。

おばあちゃんの知恵袋