勝負は時の運というけれど…

アジアカップ

サウジアラビアが負け、オーストラリアが負け、日本が負け、韓国が負け、イランが負けました。

優勝候補が次々と負けるアジアカップ、強いチームが勝つとは限りません。

それがサッカーの醍醐味とも言えるかもしれません。

しかし、評論家は森保監督を、マスコミは伊東純也を、一般人は板倉の批判をします。

全ては結果論で、今まで彼らに散々助けられてきたことを忘れてはいけません。

日本代表は、自分たちの立ち位置を再確認できたことに感謝して、次の大会に立ち向かえば良いと思います。

僕らは、良い時も悪い時も応援できる人になりたい。

コメント


認証コード0602

コメントは管理者の承認後に表示されます。

勝負は時の運というけれど…