水滴石穿 すいてきせきえん

サッカーの指導者なら、誰しも一度は手にしたことがあるコーチングのバイブル。

サッカークリニック

とある先生から「1対1」といえば立九だろうということでお話を頂き、取材の依頼をお受けしました。

20年の指導者人生を振り返りつつも、いま一度、自分の指導を見つめ直す良い機会にもなりました。

サッカーには間違いという言葉はなく、全ての選択肢に正解の糸口があります。

ただ捉え方を間違えてしまうと正解のゴールが小さく見えてしまうか、もしくは遠回りをしてしまいます。

それをいかに選手たちへ上手に伝達できるのかが、指導者の裁量とも言えるでしょう。

だからチームは、指導者によって大きく変わってしまうのです。

日本代表クラスのチームであっても、監督が変わればガラッと変わってしまいます。

しかしその分やり甲斐もありますし、サッカーの指導に携われる環境に感謝しなければなりません。

細かい話は三ヶ月後の4月号に掲載されます。

もし良ければご購入のほど、よろしくお願い致します。

コメント


認証コード1745

コメントは管理者の承認後に表示されます。

水滴石穿 すいてきせきえん