少年サッカーの集大成

第42回全日本U-12選手権大会
4回戦

立川九小SC - SKFC

1 - 2

東京都ベスト16にて敗退を致しました。

終了した途端、悔しい気持ちと、自分への情けない気持ちと、このメンバーとあと少しだけ一緒にサッカーをやりたかった感情が込み上げてきて涙腺が緩んだ。

しかしそれを隠すために、わざと笑った。

おもいっきり期待もした。
やれることを証明したかった。

なぜかというと、この学年はTリーグという大舞台で全く力を発揮することが出来なかったからだ。

それは選手たちのせいではない。
コーチのせいでもない。

全ては監督である私の責任です。

あれだけキツい試合を、毎週毎週戦ってくれてありがとう。

そしてその厳しい試合を忘れさせる、素晴らしい全日本での三試合でした。

改めまして、たくさんの応援を頂きましたご父兄の皆さま、他チーム指導者の皆さま、在校生のみんな、スタジアムまで届くご声援ありがとうございました。

それらは全て選手たちにも伝えましたし、一人一人肌身で感じることができたと思います。

かけがえのない素晴らしい経験になりました。

大会というのは、全国優勝するチーム以外は、全てのチームが最終的に敗退をします。

その敗退をどう受け止めるかによって、次への人生が大幅に変わります。

ほんの少しの頑張りが積み重なると、とても大きなものになります。

そんな当たり前のことを、普通の人は忘れてしまいます。

まだまだ6年生のサッカー人生は始まったばかりです。

立九での活動もあと半年間あります。
その半年でベスト8のチームより上手くなろう。

一に練習、二に練習、三四がなくて、五にメシを食う

歳のせいか涙腺が緩くて困る。
鬼の目にも涙か…

コメント


認証コード4176

コメントは管理者の承認後に表示されます。

少年サッカーの集大成