平成の終わり

2018年も早いもので残り二ヶ月をきった。

今年は何が出来たか、目標に到達出来たのか、自問自答を繰り返し、最終的にまた来年に持ち越してしまう。

壮大な計画が頭の中ではイメージ出来ているのだが、なかなか実行にたどり着かないのも事実である。

たかが少年サッカー
されど少年サッカー

本気で打ち込めば打ち込むほど、抜け出せないドロ沼のようにハマっていく。

大人が本気になるから子どもたちも真剣になる。

はっきり言ってJリーグを観るより断然面白い。

それはがむしゃらに取り組む姿勢が伝わってくるからだと思う。

商業的な要素が入れば、お客さんを楽しませるプレーも必要だろう。

我々にはお客さんはいない。

自分のため
家族のため
仲間のため
チームのため

それが観ている人に感動を与える。

コメント


認証コード4100

コメントは管理者の承認後に表示されます。

平成の終わり