巨人

高橋由伸監督が辞任した。

就任1年目から
3年連続で優勝を逃した責任を取るという決断。

名選手も指導者となると全く違うことがよくわかる。

チームの指揮をとることは「誰にでも出来ることではない」とも言えるかもしれない。

もちろん向き不向きはあると思う。

だがプレイヤーとして一流になった方は「なぜこんな事が出来ないんだ」
この感覚が拭えないのかもしれない。

私は指導者としてこの感覚になったことは一度もない。

むしろ出来ないのは、教えていない自分のせいだと思っている。

最後は選手たちを守ってあげるのが指導者の責任とも思っている。

そうでなければ指導者とカッコつけて上っ面だけ良くしても、内容がないことは直ぐに見抜かれてしまう。

コメント


認証コード1537

コメントは管理者の承認後に表示されます。

巨人