己との戦い

5年生と一緒に戦った。

ひと段落して練習に参加しようと思ったら、人数が合わず私があぶれてしまった。

そこで、おもむろにジョギングをしようと走っていると、リハビリ中の選手がうしろからやってきた。

合流し、二人で目標を10分間走として走ってみた。

思いのほか簡単にクリア出来たので、更に10分間走を走り始めた。

すると遊びに来ていた中学生二人が一緒に走り始めた。

その時点で四人の集団は、学校生活やテストの点数など話しをながら真剣に走りきった。

入念なストレッチを行い、更に10分間走をやろうとすると、もう一人のリハビリ5年生が合流し、最終的に五人の一団で完走した。

結局、10分間走を5セット行いました。

一人で走る
五人で走る
これは全く違うことが分かった。

一人で走ると孤独を感じる。
五人で走ると仲間に勇気付けられる。

ときおり話しもしながら
先頭から遅れないように注意しながら
あと一周の掛け声をかけながら

全員で一体感を味わえる。

もしかしたら今までサッカーをやってきて、幾度となく走ってきたけど、こんな想いを感じたのは初めてかもしれない。

とても良い経験が出来たことに感謝する。

コメント


認証コード5869

コメントは管理者の承認後に表示されます。

己との戦い